特別な日じゃなくてもイイ!妻に「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフトを送ろう!

こんにちは、夫のハリーです。

結婚7年目のうちの夫婦もそうなんですが、

  • 「日々忙しくて休日、ごろごろするだけで終わってしまう」
  • 「夫婦で趣味が違う」
  • 「結婚5年以上でデートとかしばらくしてないな…」
  • 「たまには現実から解放され気分転換したい!」

なんて感じたことがありませんか?

僕たち夫婦もそうでした。

そんな時、知ったのが「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフト。

「ソウ・エクスペリエンス」ページより引用。このようにラッピングもできます。

 

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフトとは?

ソウ・エクスペリエンス 体験ギフトは、その名のとおり「体験を贈る」ことができるギフトです。
当社が2005年に開業して以来、利用しやすく気軽に贈れるギフトとして企画・制作してまいりました。

誕生日や結婚祝いに何を贈りましょう。
せっかくだから形だけではなく、できるだけ相手のことを思ったギフトにしたい。

その際、ギフトは必ずしもモノでなくてもいい。
形を留めない「体験」であってもいいはずです。
そう考えれば、ギフトの選択肢は格段に広がります。

カタログギフトって申し上げにくいのですが、個人的に「ほしいものはすでに持っている」パターンが多く、選ぶのに困る場合があるんですよね。

意外とそういう方って少なくないと思います。

それに対して、「体験型ギフト」は誰かから(あなたから!)贈られたなら、受け取った人はその瞬間に、これらのことを気軽にやってみる権利ときっかけを手にすることになります。

たとえば、「ボルダリング」をやったことがない妻でしたら、その権利を得ることで、「好きになるきっかけ」を夫から与えられるということ。

それにより、僕の趣味が夫婦の共通の趣味になることもあり得ます。

考えるだけでソワソワ・ワクワクして来ませんか?

冷え切ってしまった夫婦関係には「きっかけ(起爆剤)」が必要です。

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフトの種類

夫婦一緒に楽しむ編

東京、横浜、神戸の選べるクルージングディナーコース ¥22,626

はじめにご紹介したいのは「ベタ中のベタ」で恐縮ですが、クルージングディナーコースです。

季節ごとに違う顔を見せる街並や風景を一望しながら、船内でゆっくりと本格的なコースディナーをお楽しみいただけます。遊覧する豪華な船内での食事はレストランとはまたひと味違った雰囲気です。

子なし夫婦で食事をする場合、居酒屋や、がっつりおなかの膨れるようなコスパの良い店に行きがちになります。

とくに僕はよく食べるので、お酒というよりご飯ですね笑。

しかし、たまには雰囲気のいい所で食べたいと思うのが女性。

妻も、ときどき「たまにはコースディナーでワインでも傾けてゆっくりしたいよ~」なんて冗談言ってたりしてたんで、こちらでそれが実現します笑。

ちなみに僕たちが行ったのは横浜の「中華」クルーズ。

横浜は結婚パーティをした思い出の地でもあるんですよね。

連れて行った感想は、

目をキラキラさせて「ありがとう~これからも仲良くしようね」とおっしゃってました・・・ここまで喜んでいただけるとうれしいですね。(なぜか敬語笑。)

食事前に中華街の散策も楽しいデートになったりもします
クルーズ船からは横浜の夜景が一望できます

 

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフト
「クルージングギフト」はこちらから

FOR2ギフト(RED)¥22,626

  • メモリアルフォト
  • フライトシュミレーター
  • アクセサリー作り
  • サイクリング
  • パラグライダー

 

などジャンルにとらわれず、いろいろな体験ができるようになっています。

 

たとえば「アクセサリー作り」を選択してペアリングつくり。

事前にイメージがわかなくても、手を動かしてみると、アイデアはわいてくるものです。東京都目黒という都会のど真ん中で、アクセスも非常に便利ですね。

ふたりで非日常体験。

ものづくりの楽しさを味わってみるのも楽しいですよ。

モノではなく~体験~をギフトに。 本日より【体験ギフト】のトップランナー 【ソウ・エクスペリエンス】さんにて、 ▪真鍮アクセサリーづくり ▪真鍮のスプーンづくり ▪陶芸 をギフトにて体験できるようになりました☆森森舎です。 詳細は以下より。 http://www.sowxp.co.jp ※追記・・・現在掲載内容に不備があり、調整中です!! 【自分がやりたいだけ!!】の方も 月一回不定期開催しておりましたワークショップも、 回数を増やし毎週開催しますね☆ そちらのお申し込みは森森舎まで。 お楽しみに☆ #森森舎#カフェ#喫茶店#陶芸教室#ソウエクスペリエンス#自家焙煎#自家焙煎コーヒー#阿倍野#姫松#帝塚山#陶芸体験#昭和町#天王寺#大阪#住吉区#彫金#アトリエ#atelier #なんば#大阪カフェ#チンチン電車#阪堺電車 #coffee#osaka#shinshinsha#brass#ring#cafe

森森舎さん(@shinshinsha)がシェアした投稿 –

また機織り体験も!

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフト
「FOR2」はこちらから

オーベルジュチケット ¥54,540

非日常を味わうために少し遠出して、自然の豊かな場所で1泊旅行はいかがですか?

2人の時間をゆっくりと過ごせる、泊まれるレストラン

宿泊施設を備えたレストランのことをオーベルジュと呼びます。自然豊かな土地でその土地ならではの食材を味わえるのが魅力。美味しい料理を食べて、2人の時間をゆっくりと過ごしたいーーそんな気持ちを「オーベルジュチケット」と一緒に贈りませんか。

土地の食材を使うオーベルジュ。

北は北海道、南は九州の魅力ある土地に店を構える15店を厳選して収録されています。

私たち夫婦は、キャンプなどは日常親しんでいますが、キャンプって準備があわただしくてゆっくりできなかったりするんです笑。

少し値が張りますが、素材にこだわった料理や温泉、からだが喜ぶこと間違いなし!

私たち夫婦は、長野県白馬村の「白馬リゾートホテル ラ ネージュ東館」にうかがいましたが、北アルプスの眺めが間近で見られ、大興奮でした。

たまには至れり尽くせりの非日常を、ふたりきりで味わってみるのもいいかもしれません。

「白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館」は北アルプスのふもとにあるリゾートホテルです

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフト
「オーベルジュチケット」はこちらから

妻ひとりで楽しむ編

個室スパ&エステチケットPLUS ¥24,786

「妻ひとりで楽しむ編」でまずご紹介するのが、「個室スパ&エステチケットPLUS」です。

厳選されたサロンで、自分を大切にする体験を

くつろげる個室、高い技術、心地よい接客などの視点で厳選したスパ・サロン。人気ブランドのサロンや限定1室の隠れ家サロンなど個性豊かなラインナップの中から、お好きな一軒を選んでトリートメントを受けられます。忙しい日常から少し離れて、自分を大切する時間を過ごせます。

いつも仕事で忙しくしている義妹にプレゼントしたところ、とても喜ばれました。

厳選されたスパ施設、値段とスパメニューともに他にはない商品です。

 

また妻は友人の出産祝いにプレゼントしていました。

お子さんが生まれると暫くバタバタして直接会ったりしづらいですよね。

1人で出すには ちょっと高価かもしれませんが 相手が喜んで下さったので良かったです。

僕たちには子供がいないので、とんちんかんな出産祝いをお渡しするくらいなら女性として貰って嬉しい物の方が安心です

こういうプレゼントは凄く助かりますよね。

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフト
「個室スパ&エステチケットPLUS」はこちらから

 

リラックスカタログBLUE ¥6,426

上でご紹介した「個室スパ&エステチケットPLUS」はちょっと高価すぎるよという方のために、「リラックスカタログBLUE」というものも用意されています。

  • ヘッドスパ
  • ヨガ
  • 筋膜リリース
  • よもぎ蒸し
  • ドライフラワーレッスン
  • 乗馬

最近流行しているフラワーアレンジメントの一種、「ハーバリウム制作」はリラックスかと言われれば、そうではないかもしれないけれど、「ひとつのことに没頭する」のは余計なことが頭から消えます。

最高のデトックスではないかと個人的には思っています。

妻に聞いてみたら、次はお手軽なフラワーレッスンを受けてみたいとリクエストがありました笑。(値段がバレてしまっているのでお手軽とすぐわかったようです)

「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフト
「リラックスカタログBLUE」はこちらから

まとめ:「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフトを妻へ送れば、マンネリ夫婦解消の起爆剤になります

ここでいちどまとめましょう。

【「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフトの種類】

 

今回、僕はオーベルジュチケットをオーダー。

おいしいものをおなか一杯食べて、ワインも飲み普段見られないような妻の笑顔が見れたし、より仲も深まりました。

久しぶりのダブルベッドは新鮮でしたね笑。

とくに、エステや体験物はプチ贅沢にも最適です。

定期的に取り入れて、ふたりで楽しい夫婦生活を継続していきたいですね。

以上、「特別な日じゃなくてもイイ!妻に「ソウ・エクスペリエンス」の体験ギフトを送ろう!」の記事をお送りしました。

 \全種類を見るならこちらから/

体験ギフトのソウ・エクスペリエンス

スポンサードリンク



 

ABOUT ME
マイペースのハリーくん
マイペースのハリーくん
今年で結婚7年目の35歳。 毎日妻のモモと顔を合わせるのがやや飽きてきてしまって、何か楽しいことはないかな?といつも考えている。 子供はできたら欲しいと思っているがこのままでは踏み切れない。