「UberEats」初回登録プロモコード「interjpq2206jf06」でもれなく1,000円引き!

【50インチが分岐点】フルハイビジョンと4Kの違いについて

こんにちは!好きな俳優さんのドラマは綺麗な画質で見たい!

主婦ブロガーのモモです。

2020年東京オリンピックが延期になり、「4Kテレビ」はいまが買いどき!

モモのアイコン画像モモ
おトクに買えちゃう時期なのであります!

家電メーカー担当のアイコン画像家電メーカー担当
その通りでございます!

  • 春と秋に新商品が発売される。なので夏・冬は在庫処分の傾向
  • オリンピックをピークにしていたので、安くなってる
  • 2020年6月30日まではキャッシュレス・消費者還元事業で5%還元
    ※クレジットカードの場合は、2020年6月30日使用分までが対象です

各メーカーも凌ぎを削っていてアツイ市場!

ということで、この記事では「【図解で説明】フルハイビジョンと4Kの違い」について書かせていただきます〜!

2020年時点、市場に出ているテレビはおもに「3種類」

ハイビジョン・フルハイビジョン・4K→ハイビジョンはさすがにもう時代遅れに

2020年、家電量販店に行くと見ることができるテレビはおもに3種類。

そのうち、主流になりつつあるのが「4K」です。

とはいえまだまだ普及率はそこまでではなく、家庭では以下の2種類が台頭。

だれでも知っている規格でたとえると…

  • ハイビジョン(HD)→DVDの画質の約3倍キレイ(32万画素)
  • フルハイビジョン(フルHD)→Blu-rayの画質でおなじみ(207万画素)
モモのアイコン画像モモ
この2つの差は、見てすぐにわかるくらいのもの!まさに雲泥の差!

アマゾンでも同じ作品で2種類の価格が違う、というのも常識になってきていますよね。

ここからがやっと本題!

「フルハイビジョン(フルHD)と4Kの違いはどうなのか?」という説明をさせていただきますね♪

【50インチが分岐点】フルハイビジョンと4Kの違いについて

「フルハイビジョン(フルHD)」ってなに?

207万画素…Blu-rayと同じ画素数

フルハイビジョン(フルHD)…1,920×1,080(207万3,600画素)

冒頭でも書かせていただきましたが、たとえるなら…

モモのアイコン画像モモ
Blu-rayと同じくらいキレイな画質!!

「50インチ」=アラの目立ち始める分岐点

「これで満足」という方も多いのでしょうが、50インチを超えると粗(アラ)が目立つようになるのが難点です。

これについては、多数のyoutuberさんが実験されています。

そして何よりの証拠に、4Kテレビは40インチ以下の物はあまり売っていないんです…。

これひとつ取っても、「小さなサイズのテレビでフルハイビジョン(HD)と戦っても仕方がない」というメーカーの思惑が見て取れます_φ( ̄ー ̄ )

50型の大きさはこれくらいになります。

以下の動画をご覧ください。

小さな画面だと、どっちがどっちだかぜ〜〜んぜんわからなくないですか(苦笑)?

とはいえ50型を超える大きさのテレビも、最近ではわりとリーズナブルに買えるようになったのもあり、不満を持つ方はさっさと4K対応のものに変える方が多い印象です。

50型(インチ)
…タテ62.2cm × ヨコ 110.4cm
となっています。

たとえるなら

タテ→2ℓペットボトル2本分の高さくらい

ヨコ→テニスコートのネットの高さくらい

「4K」ってなに?

829万画素…フルハイビジョンの4倍キレイ

4K…3,840×2,160(829万4,400画素)

いっぽう4Kはフルハイビジョンの約4倍の画素を持つ、とても鮮明な規格です。

東京オリンピックの競技もほぼ4Kで放送されるというのもあり、楽しみですよね♪

対応動画配信サービス一覧

また、最近ですと以下の動画配信サービスが全番組・4K対応!

  • U-NEXT>>はじめの31日間無料・その後月額1,980円
  • dTV>>はじめの31日間無料・その後月額500円
  • Amazonプライムビデオ>>初月無料・その後月額500円/学生半額
  • Netflix>>月額800円〜
モモのアイコン画像モモ
意外に安価なサービスでもがんばってるんですよね〜〜!
Netflixは対応済み!

対応BS/CS(衛星)放送一覧

衛星放送だって負けてはいません!

モモのアイコン画像モモ
ちょっとだけ「WOWOW」の方がリードしている感じですがね!
  • WOWOW」2020年12月〜全チャンネル対応、現在も一部番組で対応
  • スカパー!」81チャンネル中19チャンネルのみ対応

対応ゲーム一覧

さらにゲームメーカーもがんばっています。

  • PlayStation・対応機種のみ
  • Switch・対応機種のみ

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

まとめ:4K対応テレビにするか否かは50型が分岐点!それ以下なら画質はさほど変わらない

ここで一度まとめましょう。

【50インチが分岐点】
フルハイビジョンと4Kの違いについて

「フルハイビジョン(フルHD)」ってなに?

  • 207万画素…Blu-rayと同じ画素数

「4K」ってなに?

  • 829万画素…フルハイビジョンの4倍キレイ

フルハイビジョンの「50インチ」=アラの目立ち始める分岐点なので、それを超える大きさのものを購入するなら4K推奨、逆にいうとそれ以下はあまり違いはわからない

対応動画配信サービス一覧

  • U-NEXT>>はじめの31日間無料・その後月額1,980円
  • dTV>>はじめの31日間無料・その後月額500円
  • Amazonプライムビデオ>>初月無料・その後月額500円/学生半額
  • Netflix>>月額800円〜

対応BS/CS(衛星)放送一覧

  • WOWOW」2020年12月〜全チャンネル対応、現在も一部番組で対応
  • スカパー!」81チャンネル中19チャンネルのみ対応

対応ゲーム一覧

  • PlayStation・対応機種のみ
  • Switch・対応機種のみ
モモのアイコン画像モモ
そんなに難しく考えることはなかったんですね!

家電メーカー担当者のアイコン画像家電メーカー担当者
その通りです!
大きい画面で見たいという需要は多いでしょうからまだまだ4Kは流行するでしょうね。

あなたの気になったことは解決できましたか?

関連記事で、オススメテレビを紹介していきますので参考にして見てください〜〜♪

以上、「【50インチが分岐点】フルハイビジョンと4Kの違いについて」の記事をお送りしました。

関連記事

【コスパ最高・10万円以下】オススメの4Kテレビ3選!

  • 日本製2モデル
  • 中華製1モデル

の計3モデルを厳選させていただきました♪

モモのアイコン画像モモ
どれも「価格.com」で星4つ以上のものを選びました!

どうせオリンピックまでに買うと決めているのなら、6月30日までの「5%キャッシュレス還元終了」までに駆け込み購入がオススメです♪

あわせて読みたい
【コスパ最高・10万円以下】オススメの4Kテレビ3選!
【コスパ最高・10万円以下】オススメの4Kテレビ3選!こんにちは!好きな俳優さんを追いかけて、「いかにキレイな画質で録画するか?」にこだわる主婦ブロガーのモモです。4Kテレビは主にVOD(「Amazonプライムビデオ」)や...

コメント

コメントする

CAPTCHA